へそで茶を沸かす: ペットの里親・里子募集掲示板『里親.NET』



−PR−
愛猫の幸せ寿命を3年延ばす happy♪猫まんま

ペットの里親・里子募集掲示板『里親.NET』
あなたの無添加食品へのこだわり
無添加の商品のメリット、添加物のデメリット
地球環境とエネルギーについて
「個人情報」について
いじめや引きこもり、ニートに優しい「通信制高校」について
中古車オークションについて
食物連鎖について
お取り寄せする際に何を重視しますか?商品?金額?発送?
ネットショッピングを利用していて良かったこと
今まであったサイドバーのポイントサイト、ブログライターなど
お役立ちサイトはこちらのページに移動しました。


マネポケ金融投資ブログランキング!
ビジネスブログランキング
ブログランキング★資産運用


−PR−



2007年08月13日

ペットの里親・里子募集掲示板『里親.NET』


ペットの里親里子募集掲示板『里親.NET

ペットは、物ではありません。
動物も人も同じです。
怒ったり嬉しかったりします。
人よりもウソをつかない分、ステキです。
上記の事柄を子供にいっても理解できる場合は少ないでしょう。
理由は人生経験が少ないからです。
長く生きてみて初めてわかることもあるのです。
小さい頃に物の善悪がわからず社会と接していない人が大人になると本来経験しなければいけないことができないわけですから歪みが生じてきます。私は、今回の記事で里親募集掲示板の紹介をしなければなりませんが、そのことを説明する前にしなければならないことがあります。
それは、本来ペットと暮らすには、お子さんを養うのと同じくらい生活や環境に余裕がなければなりません。そうでなければお互いに不幸になります。
私事で恐縮ですが、私も里親探しのボランティアや行き場のない猫を引き取ったりしています。
当たり前のことですが猫も10歳、15歳、20歳と年齢を重ねると病気をしてくる猫も出てきます。今年、2ヶ月ほど入院し2回手術した猫がいます。治療費は、もちろん保険がきかないので70万近くかかりました。
私は、毎月、このような自体がいつきてもよいように貯金しています。これまで10匹以上の猫と暮らし5匹が病気のため手術を、そして毎年の予防接種や健康診断、急な病気や慢性的な疾患をもった猫の定期的通院などで、低く見積もっても年間医療費だけで20万円は下りません。それにペットフード代、特に高齢猫で疾患のある子は手作り食です。生肉を使うため食費も掛かります。さらにペットシーツ代と粉ミルク代、猫砂代などの費用が毎月発生します。これらの費用も入れると年間50万くらいはなくなります。
私が何を言いたいのかというと、ペットは家族であり何がなんでも守らなければならないということです。
実際、お子さん不可だから出て行くかお子さんを処分してくださいと言われたらあなたはどうしますか?
私は、頭を使って出て行かずに相手を説得して猫と絶対に暮らします。今も、本来は猫と暮らしてはいけない物件ですが、家主の大家さんを説得し誰に後ろ指をさされることなく暮らしています。
しかし、世の中の人すべてが相手を説得できるわけではありません。
相手を油断させたり安心感を与える生まれつきの顔とこの人にはこういえば、今までの人生経験から納得してくれるとか、とにかくある程度苦労し相手の立場を考えれる感受性のある方にしかできない芸当です。
話しを元に戻して、つまりペットは家族であり自分の感情をぶつけるオモチャではないということです。
最初に述べた人物像は、他者とのかかわりを持たない分、自分におマイナスの感情を制御できません。これは書くと長くなるので割愛させていただきますが、とどのつまり人生経験や感受性・協調性(他者が多い学校などの社会生活を送らないかぎり絶対に身に付きません)を得られる環境の元に生活を送れなかったためです。
もちろん、上記の人物像以外にも、会社や学校でのストレスや遺伝、その他もろもろの要因があってペットをオモチャ(虐待も含む)にするのでしょう。
このことを述べるのにもわけがあります。
里親の中にはウソをついて実験動物として納入する業者に売ったり、虐待や殺害目的で引き取る人があとを経たないからです。
また、私も経験がありますが、中にはこの活動そのものを非難する人がいますが私はいつもこういって相手を納得させます。
説得例
最終的には人間がこの子達を捨てたということでしょう。だから人間が責任をとらなければいけないでしょう。だけど責任を取る人と取らない人が出てくるでしょう。あなた面倒をとりますか?嫌でしょう。だから私が面倒をとります。たとえ猫や犬であっても最後まで面倒をみるのは大変なんですよ。切り捨てるのは簡単なことです。この世の中に生まれてきた生き物は平等です。

このことを念頭に置いておけば、よいと思います。
要はクレームをつける人たちは簡単なんです。
切り捨てるのは簡単なんです。
犬が嫌いだ、猫が嫌いだというのは簡単なんです。
しかし、説得するほうは難しいんです。
嫌いという人は、犬や猫の命も人と同じ命だということを理解・納得させなければならないので、洞察力とこの子たちを救うんだという気持ちを持ちながら冷静に相手を観察することが何より重要です。
ペット里親探しと里子(捨て猫・捨て犬)を結びつける里親.NETは月間ページビュー300万アクセスという里親情報サイトとしてはトップクラスです。
上記のようにそのことを悪用して、虐待や殺害、業者に売るなどする人もあとを絶たないようです。
里子として出す方は、身分照明や住所、渡したあとの定期的な写真やメールのやりとりなど、しっかりと書類で交わしたほうがよいです。
私は、上記以外に定期的な訪問と毎月の医療費の積み立てや栄養状態や健康状態をチェック後に動画や写真でチェックしています。
貰っていただいたとか遠慮はいりません。現実に生きる猫のことを思えば当たり前のことです。
この程度の関係を拒む人には引き取ってくれなくて結構です。
もちろん、このことを相手に恨まれたり嫌われたりしないように説明・説得するわけですから、大変といえば大変でしょうが、何よりも生き物が好きであることが重要です。
最後に、もし、この文章を読み納得した上で里親探しや里子に興味や関心を持たれた方は、里親.NETにアクセスしてください。
タグ:里親
posted by blog at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

フルーツショッピング
−PR−
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。